コロナ禍のいま、ヨガ教室はオンラインヨガにシフトする講師が多いよって話題

ヨガのレッスン

オンラインヨガで他と差をつけるためには?

メンタリスト・ダイゴさんのコメントご紹介

私が好きなメンタリストダイゴさんのコメントです。

「メンタリストの質疑応答〜人生の変えかた教えます」

メンタリストの質疑応答〜人生の変えかた教えます

Q「ヨガ講師をしています。
コロナの影響でオンラインヨガにシフトしたいです。同業者も同じうごきをしています。
数あるオンラインヨガのなかで生き残り、収入をえるためには何が必要だとおもいますか?」

<DaiGoさんの答え>
・僕(DaiGo)なら独自アプリをつくる
理由→みんなと同じプラットフォーム(=Zoomなど)でやっていたら負けるから。

・フィードバックやモチベを相手(客)がどうやったら維持できるか(他に浮気しないか)をひたすら研究

生徒さんの心をつかむための方法の本はこちら
→影響力の武器

・生徒さんから先生への依存度をたかめていく。それができないと他のオンラインヨガにのみこまれていく

・差別化は(オンラインヨガの)習慣化しやすさで考えていく
 
 + + +

ちなみに…DaiGoさんの有料チャンネル(ニコニコ動画)も継続率が高い(ユーザーは平均3年継続)
それはいろんなやり方をおこなっているからだとか。

Q「野球を教えるオンラインサロンを立ち上げました。SNSで集客してメルマガに誘導してから勧誘しています。会員は0人です。どこを見直すべきでしょうか?月額5000円です。」

相談者さんは野球サロンですが、ヨガサロンにも通じると思うので。

質疑応答:時代の変化に適応して生き残る方法

<DaiGoさんの答え>
・まず5000円は高すぎる
価格は相手が得しないとダメ。主催者が構造上得する(値段を下げて会員数を増やす等)のはいいが「もうけよう」と思うとダメ。

・値段低くして会員数を多くしたほうが安定する(ダイゴさんのニコニコ動画は月500円)
・5000円って本買えたり、ワイン買えたりする。自分がとろうとする値段は高すぎないかを意識する

・SNS→メルマガに誘導する理由があるのか? 間にはさめばはさむほど登録者数は減っていく。(ダイゴさん例だと無料ユーチューブ→有料ニコニコ動画へ誘導)

・無料→無料への誘導は無意味。徐々に金額をあげていくのならまだわかる。
例:SNS(無料)→メルマガ(月300円)→サロン(月数千円)

・ヒトは損したくない。
ゴルフで月5千円ならありえる。なぜならゴルフは富裕層が多かったり、ゴルフが上達することで社長と商談がまとまったりするから。「トータルで見たら得だな」っておもわせることが大切

みんながやっていることを、みんながやっていない形で提供する
「女性ユーチューバーのコスプレxピアノ動画や、家庭料理x女性x洋服に広告はるという動画も人気。」